スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムール貝ランキング 

楽天のジャンル別ランキングに何週間も上位ランクインする超人気商品です。

ムール貝ランキング
3週連続1位
48週連続3位以内
食品>水産物・水産加工品>貝>ムール貝

カナダ/グリーンエドワード島産!ムール貝(両貝)【大容量900g】【1216grm_marathon】【お買い物マラソン1215】
ムール貝カナダ/グリーンエドワード島産!ムール貝(両貝)【大容量900g】【1216grm_marathon】【お買い物マラソン1215】
ショップ:ハイ食材室
ムール貝ランキング
期間順位期間順位
~12月4日1位~1月15日1位
~12月11日1位~1月22日1位
~12月18日2位~1月29日2位
~12月25日1位~2月5日1位
~1月1日2位~2月12日1位
~1月8日1位~2月19日1位
召し上がり方:殻付の貝類は基本的に全てボイル済となります。何故ならボイルしても貝が開かないから、なんて非常に当たりまえの事ですが、ちょっと書いてみました。こちらの製品は漁獲後、新鮮なうちにボイル冷凍した商品となります。そのまま温めても召し上がれますし、ブイヤベース、パエリア、パスタなどお料理に大変汎用性が御座います。商品到着後、タッパーなどに入れて頂ければ、使いたい量だけ取り出して使えますので、大変便利でも御座います。 お届け後未開封冷凍で約半年 冷凍庫で保管してください 907g(※2ポンドサイズ) カナダ産 ※注意点/こちらの製品は、現地から真空パックで入荷しておりますが、場合により真空でない場合が御座いますが、製品には問題は御座いません。 クロネコヤマト宅急便(冷凍)にて  フランス料理、イタリア料理、スペイン料理など幅広く使われるムール貝! ベルギーでもビールのおつまみとしてバケツに山盛り入ってくるムール貝、そしてフランスではブルゴーニュなど大西洋岸の港町へちょっと出かければ必ず食べる機会が御座います。 そして本来地中海が原産と言われるこの貝は、もちろん南イタリア、そしてスペイン料理(パエリアなど)などでは欠かせない食材として知られております。 今回ご紹介させて頂きますムール貝は粒が大きいカナダ産のムール貝をご紹介させて頂きます♪ 今回は、当店が取り扱うファミリアチャルロのトマトソース無添加と、マルテッリ2mmを使ったムール貝のトマトソースを作りました!調理はいたって簡単です。ムール貝は予めボイル済みなのでトッピングする感覚で問題御座いません。ボイル済みなので解凍後そのまま召し上がる事が出来ます。尚、しっかり温めたいお客様もいらっしゃると思いますので、トマトソースを更に味付けをする際に合わせてフライパンで調理頂ければと思います。 トマトソースの味を調えたら茹で上がったパスタをお湯を切って加えましょう!その際にパスタの茹で汁と、お気に入りのオリーブオイルも適量加えると一層美味しく召し上がれます♪ で、ムール貝と行きたいのですが、やっぱりレストランで召し上がるよりボリューム満点!そしてレストランで召し上がるより美味しく!そして極め付けがレストランで召し上がるよりリーズナブルにで確定ではないでしょうか・・・ このムール貝があればトマトソースパスタ、サラダほうれん草のムール貝パスタなどなど、更にパエリア、ブイヤベースなどさまざまなお料理への汎用性が御座います。これでお料理のレパートリーがまた一つ追加になる事間違いなし♪ 今回撮影で使用した食材 左:トマトソース 右:マルテッリ2mm ベルギーなどに旅行へ入った事があるお客様であればご存知かとは思いますが、ムール貝のワイン蒸しなど大きなお鍋にタップリ山盛りになった料理を家族や友達をおしゃべりをしながら召し上がる名物料理がありますよね!そんな大胆な事をご自宅でも出来るそんな企画にしてみたいと思い、メインはムールのパスタの画像でご案内しておりますがちょっぴり店長主観を取り入れてみました♪と、ムールは世界中で愛されるとても汎用性のある食材です。日本ではまだまだ馴染みの少ない食材では御座いますが、この機会に是非ご利用くださいませ。 THE店長 丸岡

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle777.blog27.fc2.com/tb.php/210-1c53f403

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。